サイトについて      連絡先   検索

Google Chrome のキャッシュの場所を確認する

はじめに

Google Chrome のキャッシュの場所を確認する方法を紹介します。

使用しているユーザー毎にキャッシュのフォルダが変わります。

キャッシュの中身を確認する方法も紹介します。

キャッシュの場所を確認する

Chrome のキャッシュは Windows 10、8、7、Vista 共に同じ場所にあります。

エクスプローラーで次の場所を表示します。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data
ユーザー名を Windows のユーザー名に置き換えてください。

AppData フォルダは隠しファイルになっています。[表示] をクリックして [隠しファイル] をチェックすると表示されます。

9

User Data フォルダの中にDefaultProfile 1Profile ・・・などのフォルダがあります。Profile のフォルダがない時は Default フォルダが使用されます。

4

各フォルダの中にあるCacheフォルダが Chrome のキャッシュが保存されるフォルダです。

7

Default、Profile のどのフォルダに使用しているキャッシュがあるかは、Chrome のタイトルバーの [ユーザー] をクリックして確認できる、使用しているユーザー毎に異なります。

どのユーザーがどのフォルダかは、そのユーザーで適当なサイトを見てからCacheフォルダを表示して、更新日時が新しくなっていることで確認できます。

5
ユーザー名が Tipsfound で、Default フォルダのキャッシュは次のパスになります。
C:\Users\Tipsfound\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache

キャッシュの種類

キャッシュには 2 種類あります。

通常はキャッシュといえば、画像や CSS のことなので Cache フォルダになります。

キャッシュの中身を確認する

どのサイトから取得したキャッシュが入っているかを確認できます。

Chrome のアドレスバーにchrome://cacheを入力してEnterキーを入力するとキャッシュの一覧が表示されます。

8

Cashe フォルダのどのファイルがどのキャッシュかはわかりません。

関連ページ