サイトについて      連絡先   検索

Evernote 選択項目からノートを作成する

はじめに

Evernote で選択項目からノートを作成する方法を紹介します。

選択項目とは、文字列を範囲選択している部分や、エクスプローラーなどで選択しているファイルなどです。

Windows 版で選択項目からノートを作成

Windows 版で選択項目からノートを作成するには、ホットキーとタスクアイコンのメニューからできます。

ホットキーは [ツール] をクリックし [オプション] をクリックします。

1

「ホットキー」タブの選択項目をコピーでホットキーを確認できます。既定では [Win + A] キーになっています。

2

タスクアイコンのメニューは、タスクアイコンを右クリックし [選択部分をコピー] をクリックします。

この方法では一度タスクアイコンを右クリックするので、その時にファイルなどが選択されない状態になり、ノートが作成されないことがあります。
ホットキーの使用をおすすめします。
3

範囲選択している文字列からノートを作成するには、文字列を範囲選択し [ホットキー] を入力します。

4

ノートが作成されます。

5

選択しているファイルからノートを作成するには、エクスプローラーなどでファイルを選択し [ホットキー] を入力します。

ここではテキストファイルを選択します。

6

ノートが作成されます。

7

画像ファイルを選択したときは、その画像が貼り付けられたノートが作成されます。

8

ブラウザ版で選択項目からノートを作成

ブラウザ版では選択項目からノートは作成できません。

関連ページ