サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072003

エクセル 文字列を数値に変換する

はじめに

エクセルの文字列を数値に変換する方法を紹介します。

エクセルでは数値にできる文字列を自動で変換できます。

数字に円などの文字列が含まれているのを数値できます。

文字列を数値に変換する

エクセルでは数値と判断できる文字列を数式にしたときに、自動で数値に変換されます。

1

この文字列を数値にするには、エラーチェックの機能から「数値に変換する」をクリックします。

2

文字列が数値に変換されます。

3

文字列が含まれているのを数値に変換する

自動で数値に変換できない文字列が含まれているときはエラーになります。

4

数字を抽出する

数字が 3 桁であるような規則性があるときは「LEFT 関数」、「MID 関数」、「RIGHT 関数」を使用して数字の部分だけを抽出します。

=LEFT(B3,3)
=LEFT(B4,3)+20
5

20 を足していると数値になっていますが、抽出しただけでは左寄せなので文字列として扱われています。これを数値にするには「VALUE 関数」を使用します。

=VALUE(LEFT(B3,3))
=VALUE(LEFT(B4,3))
6

文字を削除する

文字に規則性があるときは「SUBSTITUTE 関数」を使用して文字列を削除します。

=SUBSTITUTE(B3,"円","")
=SUBSTITUTE(B4,"円","")+20
12

20 を足していると数値になっていますが、文字を削除しただけでは左寄せなので文字列として扱われています。これを数値にするには「VALUE 関数」を使用します。

=VALUE(SUBSTITUTE(B3,"円",""))
=VALUE(SUBSTITUTE(B4,"円",""))
13

数字を分割する

数字が分割されているようなときは「区切り位置ウィザード」から数値に分割できます。

数値にしたいセルを範囲選択します。

7

エクセル 2010 ではデータタブをクリックして「区切り位置」をクリックします。

8

「次へ」をクリックします。

9

「その他」をチェックし、区切り文字を入力して「完了」をクリックします。

10

数値が各セルへ分割されます。

11

関連ページ