サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 CHOOSE 関数:インデックスに対応した値を取得する

はじめに

エクセル 2016 の CHOOSE 関数を紹介します。

CHOOSE 関数はインデックスに対応した値を取得します。

曜日のインデックスから曜日を表示したいときに使用します。

構文

CHOOSE(インデックス, 値1)

CHOOSE(インデックス, 値1, 値2・・・)

名前 説明
引数「インデックス」取得する引数「値」の番号を指定します。
引数「値」引数「インデックス」に対応した値を指定します。数値、文字列、セル参照、数式、関数などを指定できます。

使用例

曜日の値から曜日名を表示する。曜日の値は「WEEKDAY 関数」で取得しています。

=CHOOSE(B3,"日曜","月曜","火曜","水曜","木曜","金曜","土曜")
3

インデックスに対応した値を取得する。

=CHOOSE(B3,"ひ",2,$C$2,B3*100,SUM($B$4:$B$8))
4

解説

引数「値」には、セルの範囲や関数などを指定できるので、それらを組み合わせて使うと複雑な処理にも対応できます。

IF 関数」で 1 の処理、2 の処理と分岐させるより、「CHOOSE 関数」を使用すると処理が見やすくなります。

関連ページ