サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072003

エクセル COUNT 関数:数値のセルを数える

はじめに

エクセルの COUNT 関数を紹介します。

COUNT 関数は数値や日付のセルを数えます。

セルの範囲の数値や日付のセルの数を数えたいときに使用します。

構文

COUNT(値1)

COUNT(値1, 値2・・・)

名前 説明
引数「値」セルの範囲。

使用例

セルの範囲「B2」~「B4」のセルを数える。

数値、日付、数字のみの文字列がカウントされます。

=COUNT(B2:B4)
1

セルの範囲「B2」~「B4」と「D2」~「D5」のセルを数える。

文字列、論理値、空白のセルは対象外です。

=COUNT(B2:B4, D2:D5)
2

解説

数値のセル、日付のセル、"10" や 10 と入力された文字列のセルはカウントされます。

それ以外のセルはカウントされません。

関連ページ