サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 IF 関数:条件により処理を分ける

はじめに

エクセル 2016 の IF 関数を紹介します。

IF 関数は条件により処理を分けます。

セルの値が空白なら何もしない、空白でないなら計算したいときに使用します。

IF 関数で複数条件に対応するには「IF 関数を複数条件に対応する」で詳しく解説しています。

構文

IF(論理式, TRUE の処理)

IF(論理式, TRUE の処理, FALSE の処理)

名前 説明
引数「論理式」条件を指定します。条件を満たすと「TRUE」、満たさないと「FALSE」になります。
引数「TRUE の処理」引数「論理式」が TRUE のときに返す値を指定します。
引数「FALSE の処理」省略できます。省略すると FALSE を返します。
引数「論理式」が FALSE のときに返す値を指定します。

使用例

条件が一つ

セル「B3」がエクセルなら「Office」、それ以外は「FALSE」と表示する。

=IF(B3="エクセル","Office")
10

セル「B3」が 80 以上なら「合格」それ以外なら「不合格」と表示する。

=IF(B3>=80,"合格","不合格")
11

セル「B3」が空なら「空文字」、空でないならセル「C3」を掛ける。空文字は "" で表せます。

=IF(B3="","",B3*C3)
9

条件が複数

セル「B3」がエクセルでセル「C3」が 80 以上なら「80 以上」、80 未満なら「80 未満」、それ以外は「エクセルでない」と表示する。

引数「TRUE の処理」に「IF 関数」を入れ子にして複数条件にしています。

=IF(B3="エクセル",IF(C3>=80,"80 以上","80 未満"),"エクセルでない")
12

解説

引数「論理式」には不等号などの比較演算子を使用して比較します。比較演算子には次のものがあります。

演算子 演算名 使用例 結果
=等しい1=2False
<>等しくない1<>2True
>大きい1>2False
<小さい1<2True
>=以上1>=2False
<=以下1<=2True

文字列を指定するときは""で囲みます。例:"エクセル"

空のセルと「0」を比較すると TRUE になります。

13

複数の条件を指定するときは、引数「TRUE の処理」や引数「FLASE の処理」に「IF 関数」を入れ子にします。その「IF 関数」をさらに入れ子にするなど、条件をどこまでも複雑にできます。詳しくは「IF 関数を複数条件に対応する」をご覧ください。

AND 関数」や「OR 関数」と組み合わせても複数条件に対応できます。

条件が複雑すぎると、処理がどのようになっているのか判断できなくなるので「HLOOKUP 関数」、「VLOOKUP 関数」などの使用を検討します。

20 点以上なら D、40 点以上なら C といった評価を付けたいときは「LOOKUP 関数」を使用します。

関連ページ