サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072003

エクセル MATCH 関数:検索する値の位置を取得する

はじめに

エクセルの MATCH 関数を紹介します。

MATCH 関数は検索する値の位置を取得します。

一行か一列の範囲に文字列が含まれているか検索したいときに使用します。

構文

MATCH(検索値, 検索範囲)

MATCH(検索値, 検索範囲, 照合の型)

名前 説明
引数「検索値」検索する値を、数値、文字列、論理値、セルで指定します。
引数「検索範囲」検索されるセルの範囲を 1 行または 1 列だけ指定します。
引数「照合の型」省略できます。検索方法を指定します。
1 または省略:検査値以下の最大値の位置が取得されます。引数「検索範囲」が昇順に並べられている必要があります。
0:引数「検査値」と完全一致しているセルの位置が取得されます。
-1:検査値以上の最小値の位置が取得されます。引数「検索範囲」が降順に並べられている必要があります。

使用例

セル「B3」の値と完全一致するセルの位置をセル「C3」~「C7」の中から取得する。

=MATCH(B3,C3:C7,0)
1 2

ワイルドカードを使用して一致するセルの位置を取得する

=MATCH(B3,C3:C7,0)
3 4

検査値以下の最大値の位置を取得する。

=MATCH(B3,C3:C7,1)
5 6

検査値以上の最小値の位置を取得する。

=MATCH(B3,C3:C7,-1)
7 8

解説

検索結果がみつからないときはエラーになります。

引数「照合の型」に 0 を指定して、完全一致するセルを検索するのが主な使い方になります。

引数「検索範囲」に複数行複数列の範囲は指定できません。

検索結果が見つかったかどうかを判定するには次のようにします。

=IF(ISERROR(MATCH(B3,C3:C7,0)),"なし","あり")

関連ページ