サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072003

エクセル OR 関数:一つでも条件を満たしているか判定する

はじめに

エクセルの OR 関数を紹介します。

OR 関数は一つでも条件を満たしているか判定します。

セルの値が 20 以下または 80 以上か判定したいときに使用します。

構文

OR(論理式1)

OR(論理式1, 論理式2)

名前 説明
引数「論理式」条件を指定します。一つでも条件を満たすと「TRUE」、全て満たさないと「FALSE」になります。

使用例

条件が一つ

セル「B2」が空白か判定する。

空白は "" で表せます。

=OR(B2="")

TRUE

1

FALSE

2

セル「B2」とセル「C2」が違うか判定する。

=OR(B2<>C2)

TRUE

3

FALSE

4

セル「B2」が 80 以上か判定する。

=OR(B2>=80)

TRUE

5

FALSE

6

条件が複数

値が「20 以下」または「80 以上」か判定する

=OR(B3<=20,B3>=80)
7

分類が「エクセル」または「80 以上」か判定する

=OR(B3="エクセル",C3>=80)
8

解説

複数条件にするには引数「論理式」をカンマ区切りで増やします。不等号などの比較演算子を使用して条件を指定します。比較演算子には次のものがあります。

演算子 演算名 使用例 結果
=等しい1=2False
<>等しくない1<>2True
>大きい1>2False
<小さい1<2True
>=以上1>=2False
<=以下1<=2True

文字列を指定するときは "" で囲みます。例:"エクセル"

空白のセルと「0」を比較すると TRUE になります。

9

判定した結果を「COUNTIF 関数」や「SUMIF 関数」、「IF 関数」などと組み合わせて、複数条件に対応できます。

関連ページ