サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072003

エクセル ROUNDDOWN 関数:切り捨てする

はじめに

エクセルの ROUNDDOWN 関数を紹介します。

ROUNDDOWN 関数は指定した桁数で切り捨てします。

少数点第 1 位に切り捨てしたいときに使用します。

構文

ROUNDDOWN(数値, 桁数)

名前 説明
引数「数値」切り捨てするセルや数値を指定します。
引数「桁数」切り捨てした結果の桁数を指定します。

使用例

セル「B2」を少数点第 2 位に切り捨てする。

=ROUNDDOWN(B2,2)
1

「12.345」を整数に切り捨てする。

=ROUNDDOWN(12.345,0)
2

セル「B2」の整数一桁目を切り捨てする。

=ROUNDDOWN(B2,-1)
3

解説

引数「桁数」にプラスの値を指定すると、小数点以下の桁数で切り捨てされます。

使用例 結果
=ROUNDDOWN(10.123,0)10
=ROUNDDOWN(10.123,1)10.1
=ROUNDDOWN(10.123,2)10.12

引数「桁数」に 0 を指定すると、小数点第 1 位が切り捨てされ整数になります。

引数「桁数」にマイナスの値を指定すると、整数の桁数で切り捨てされます。

使用例 結果
=ROUNDDOWN(1234,-1)1230
=ROUNDDOWN(1234,-2)1200
=ROUNDDOWN(1234,-3)1000

関連ページ