サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 SUMIF 関数:条件に一致する合計を求める

はじめに

エクセル 2016 の SUMIF 関数を紹介します。

SUMIF 関数は条件に一致するセルの合計を求めます。

分類や数値の大小、日付などを条件にして合計を求めたいときに使用します。

AND 関数」を使用して複数の条件に一致する合計を求められます。

構文

SUMIF(範囲, 条件)

SUMIF(範囲, 条件, 合計範囲)

名前 説明
引数「範囲」条件の対象になるセルの範囲。
引数「条件」合計する条件を、数値、式、セル参照、文字列、関数で指定します。
引数「合計範囲」省略できます。省略すると引数「範囲」が合計範囲になります。
この範囲の合計を求めます。

使用例

値が「100」以上の合計を求める

=SUMIF(B3:B6,">=100")
8

分類がセル「D3」と同じ値の合計を求める

=SUMIF(B3:B6,D3,C3:C6)
9

分類が「エクセル」の合計を求める

=SUMIF(B3:B6,"エクセル",C3:C6)
10

分類が「ワ」で始まる合計を求める

=SUMIF(B3:B6,"ワ*",C3:C6)
11

解説

引数「条件」に文字列や比較演算子を含めるときは""で囲みます。

演算子 演算名 使用例 結果
=等しい"=2"2 と同じ
<>等しくない"<>2"2 以外
>大きい">2"2 より大きい
<小さい"<2"2 より小さい
>=以上">=2"2 以上
<=以下"<=2"2 以下

引数「条件」に使用できるワイルドカードには次のものがあります。

パターン 説明 使用例 一致例
*任意の長さの文字あ*あ, あい, あいう
?任意の 1 文字あ?あい, あか, あき
~ワイルドカードの文字 * ? を検索するあ~?~*あ?*

複数の条件を指定する

複数の条件に一致するセルの合計を求めるには「SUMIFS 関数」を使用します。これを使用しないでやる方法を紹介します。

AND 条件

複数の条件を満たしているかは「AND 関数」を使用して求められます。その結果を引数「範囲」に指定して、複数の条件に一致するセルの合計を求められます。

AND 関数」で分類が「エクセル」で値が「100 以上」か判定します。

=AND(B3="エクセル",C3>=100)
12

AND 関数」で求めた結果が「TRUE」のものを条件にしてセルの合計を求めます。

=SUMIF(D3:D7,TRUE,C3:C7)
13

OR 条件

複数の条件の一つでも満たしているかは「OR 関数」を使用します。その結果を引数「範囲」に指定して、複数の条件に一致するセルの合計を求められます。

OR 関数」で分類が「エクセル」または値が「100 以上」か判定します。

=OR(B3="エクセル",C3>=100)
14

OR 関数」で求めた結果が「TRUE」のものを条件にしてセルの合計を求めます。

=SUMIF(D3:D7,TRUE,C3:C7)
15

関連ページ