サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072003

エクセル WEEKDAY 関数:日付から曜日を取得する

はじめに

エクセルの WEEKDAY 関数を紹介します。

WEEKDAY 関数は日付から曜日を取得します。

今日の曜日を取得したい、指定した日付の曜日を取得したいときに使用します。

構文

WEEKDAY(日付, 種類)

名前 説明
引数「日付」曜日を取得する日付を指定します。
引数「種類」省略できます。取得する値の種類を指定します。

引数「種類」

種類 説明
1 または省略1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の値
21 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の値
30 (月曜) ~ 6 (日曜) の範囲の値
エクセル 2010 以降は次の値も指定可能です。
111 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の値
121 (火曜) ~ 7 (月曜) の範囲の値
131 (水曜) ~ 7 (火曜) の範囲の値
141 (木曜) ~ 7 (水曜) の範囲の値
151 (金曜) ~ 7 (木曜) の範囲の値
161 (土曜) ~ 7 (金曜) の範囲の値
171 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の値

使用例

曜日を取得する

種類を省略して曜日を取得する。

=WEEKDAY(B3)
1

種類を指定して曜日を取得する。

=WEEKDAY(B3,2)
2

今日の曜日を取得する。

=WEEKDAY(TODAY())
6

曜日を表示する

曜日を取得したセルの書式設定で、ユーザー定義を「aaa」のようにすると曜日の文字列が表示されます。

形式 表示例
aaa
aaaa日曜日
dddSun
ddddSunday
4

ただし、1 を日曜として扱うため、引数「種類」を省略するか 1 を指定したときだけ使用できます。

=WEEKDAY(B3)
3

引数「種類」に 1 以外の値を指定したいときは「CHOOSE 関数」を使用して曜日を表示できます。

=CHOOSE(C3,"月曜","火曜","水曜","木曜","金曜","土曜","日曜")
5

解説

エクセル 2010 以降から引数「種類」に指定できる値が増えました。古いバージョンのエクセルとの互換性に注意が必要になります。

関連ページ