サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 散布図グラフの作り方

はじめに

エクセル 2016 の散布図グラフの作り方を紹介します。

X 軸と Y 軸を入れ替える、近似曲線の表示、ラベルを表示する方法も紹介します。

散布図グラフの作り方

グラフ化する [データ] を範囲選択します。

1

[挿入] タブをクリックし、グラフグループにある [散布図グラフの挿入] をクリックして一覧の中から [スタイル] を選択します。

2 3

タイトルや凡例の表示などグラフの基本的な作り方については「グラフの作り方」をご覧ください。

X 軸と Y 軸を入れ替える

[グラフ] を右クリックして [データの選択] をクリックします。

4

[系列1] をクリックして [編集] をクリックします。

5

[系列 X の値] と [系列 Y の値] を入れ替えて [OK] をクリックします。

6

X 軸と Y 軸が入れ替わります。

7

近似曲線を表示する

[グラフ] をクリックし、[+] をクリックして [近似曲線] をチェックすると近似曲線が表示されます。[▼] をクリックして種類を変更できます。

8

線形

10

指数

11

データのラベルを表示する

[グラフ] をクリックし、[+] をクリックして [データ ラベル] をチェックします。

14

表示された [ラベル] を右クリックして [データ ラベルの書式設定] をクリックします。

15

[セルの値] をチェックします。

16

名前が入っている [セル] を範囲選択すると、データ ラベル範囲の選択に入力されるので [OK] をクリックします。

17

データのラベルに名前が表示されます。

18

関連ページ