サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2010 WORKDAY.INTL 関数:休日を除いた営業日数を計算した日付を取得する

はじめに

エクセル 2010 の WORKDAY.INTL 関数を紹介します。

WORKDAY.INTL 関数は休日を除いた営業日数を計算した日付を取得します。

土日や休日を数えないで 7 日後の日付を求めるときに使用します。

構文

WORKDAY.INTL(開始日, 営業日数)

WORKDAY.INTL(開始日, 営業日数, 週末, 休日)

名前 説明
引数「開始日」日付を指定します。
引数「営業日数」引数「開始日」の何日後の日付を取得するかを指定します。引数「週末」と引数「休日」で指定した曜日と日付は数えません。
引数「週末」省略できます。休日とする曜日を数値か 7 桁の文字列で指定します。
引数「休日」省略できます。休日とする日付のセルの範囲を指定します。

引数「週末」

数値 文字列 週末
1 または省略0000011土曜日と日曜日
21000001日曜日と月曜日
31100000月曜日と火曜日
40110000火曜日と水曜日
50011000水曜日と木曜日
60001100木曜日と金曜日
70000110金曜日と土曜日
110000001日曜日
121000000月曜日
130100000火曜日
140010000水曜日
150001000木曜日
160000100金曜日
170000010土曜日

文字列で指定するときは 0 が営業日、1 が休みです。月火水木金土日の順番に指定します。土日が休みなら0000011です。

使用例

1

開始日のセル「B3」から営業日数のセル「C3」を計算した日付を取得する。週末は土日。

=WORKDAY.INTL(B3,C3)
2

5 月 5 日から 2 日後の日付を、引数「週末」の値を変化させたときにどうなるかを確認する。

=WORKDAY.INTL("2017/5/5",2,B3)
3

5 月 5 日から営業日数のセル「B8」を計算した日付を引数「休日」を指定して取得する。週末はなし。

=WORKDAY.INTL("2017/5/5",B8,"0000000",$B$3:$B$5)
=WORKDAY.INTL("2017/5/5",B8,"0000000",{"2017/5/4","2017/5/6","2017/5/8"})
4

解説

結果は日付のシリアル値を取得します。この数値をセルの書式設定で日付の形式にすれば、日付で表示できます。

1 月 1 日の 1 日後を求めるとき、1 月 2 日が引数「週末」や引数「休日」で休みの場合は 1 月 3 日になります。

引数「営業日数」にマイナスの値を指定したときは、引数「開始日」より前の日付を取得します。

引数「営業日数」に 0 を指定したときは、その日が休日扱いでもその日を取得します。

引数「週末」に0000000を指定すると、休みなしになります。1111111はエラーになります。最低でも 1 つの曜日は営業日にする必要があります。

引数「休日」にセルの範囲ではなく文字列で日付を指定したいときは{"日付1","日付2","日付3"・・・}のようにします。

関連ページ