サイトについて      連絡先   検索
Excel: 201020072013 へ移動

エクセル 2010 棒グラフの作り方

はじめに

エクセル 2010 の縦棒グラフと横棒グラフの作り方を紹介します。

グラフを重ねる、幅の変更、折れ線グラフを 2 軸にして組み合わせる方法も紹介します。

棒グラフの作り方

グラフ化するデータを見出しも含めて範囲選択します。

1

縦棒グラフを作るには挿入タブをクリックし、「縦棒」をクリックして一覧の中からスタイルを選択します。

2 4

横棒グラフを作るには挿入タブをクリックし、「横棒」をクリックして一覧の中からスタイルを選択します。

3 5

縦棒グラフも横棒グラフも設定できる項目はほぼ同じです。

タイトルや凡例の表示などグラフの基本的な作り方については「グラフの作り方」をご覧ください。

グラフを重ねる

グラフの項目を右クリックして「データ系列の書式設定」をクリックします。

6

「系列の重なり」を「重ねる」側にするとグラフが重なり、「離す」側にするとグラフが離れます。

7

重ねる

8

離す

9

幅を変更する

グラフの項目を右クリックして「データ系列の書式設定」をクリックします。

6

「要素の間隔」を「なし」側にすると幅が広がり、「大」側にするとグラフが細くなります。

10

なし

11

12

折れ線グラフを 2 軸にして組み合わせる

縦棒グラフに折れ線グラフを組み合わせる方法を紹介します。

次のグラフの合計を折れ線グラフにします。

13

合計のグラフを右クリックして「系列グラフの種類の変更」をクリックします。

14

折れ線から折れ線グラフのスタイルを選択して「OK」をクリックします。

15

合計が折れ線グラフになります。

16

折れ線グラフの軸(目盛)を表示するには、折れ線グラフを右クリックして「データ系列の書式設定」をクリックします。

17

「第 2 軸」をチェックします。

18

折れ線グラフが 2 軸として軸の目盛が表示されます。

19

関連ページ