サイトについて      連絡先   検索
Excel: 201020072013 へ移動

エクセル 2010 散布図グラフの作り方

はじめに

エクセル 2010 の散布図グラフの作り方を紹介します。

X 軸と Y 軸を入れ替える、近似曲線の表示、ラベルを表示する方法も紹介します。

散布図グラフの作り方

グラフ化するデータを範囲選択します。

1

挿入タブをクリックし、「散布図」をクリックして一覧の中からスタイルを選択します。

2
3

タイトルや凡例の表示などグラフの基本的な作り方については「グラフの作り方」をご覧ください。

X 軸と Y 軸を入れ替える

グラフを右クリックして「データの選択」をクリックします。

4

系列1をクリックして「編集」をクリックします。

5

系列 X の値と系列 Y の値を入れ替えて「OK」をクリックします。

6

X 軸と Y 軸が入れ替わります。

7

近似曲線を表示する

グラフをクリックし、レイアウトタブをクリックして「近似曲線」から種類をクリックします。

8

なし

9

線形近似曲線

10

指数近似曲線

11

線形予測近似曲線

12

2 区間の移動平均

13

データのラベルを表示する

まとめて表示する

散布図の各データに自動でラベルを付ける機能はありません。この機能はエクセル 2013 から備わっています。このため Microsoft のサポートでは VBA を使用してまとめて付ける方法を紹介しています。

Excel 2007 で VBA マクロを使用して散布図またはバブル チャートのデータ要素にラベルを付加する方法

エクセル 2010 で VBA を有効にするには「VBA の使い方」と「VBA の作成と実行」をご覧ください。

一つずつ表示する

VBA を使わないときは一つずつ手入力する必要があります。

グラフを右クリックして「データ ラベルの追加」をクリックします。

14

表示されたラベルをゆっくり 2 回クリックして名前を入力します。

15

これでラベルの名前が変更されるので、残り全てに同じ操作で手入力します。

16

関連ページ