サイトについて      連絡先   検索
Excel: 20132010200720032010 へ移動

エクセル 2013 セルの参照の仕方

はじめに

エクセル 2013 のセルの参照の仕方を紹介します。

セルの参照には、通常の「セル参照」と、参照先を固定する「絶対参照」があります。

セル参照すると、参照先のセルの値を計算や関数に使用できます。

セルを参照する

セルを参照するには = の後ろにセル名を指定します。

セル「B2」を参照するには =B2 を入力します。

= を入力後に参照先のセルをクリックすると簡単に入力できます。

参照前

1

参照後

2

通常のセル参照では参照元のセルをコピーしたときに、参照先のセルも合わせて移動されます。

セル「B2」をセル「B3」~「B6」へコピーします。

3

それぞれの参照先が移動されています。

4

これを移動しないよう固定するには絶対参照します。

セルを絶対参照する

セルを絶対参照するには = の後ろのセル名に $ を付けます。

=B2 の入力に続けて F4 キーを入力すると、簡単に絶対参照にできます。

行を固定したいときは =B$2 を入力します。

5

列を固定したいときは =$B2 を入力します。

6

行と列を固定したいときは =$B$2 を入力します。

7

絶対参照では参照元のセルをコピーしたときに、参照先のセルは固定されたままです。

セル「B2」をセル「B3」~「B6」へコピーします。

8

全てのセルが「C2」を参照します。

9

参照の仕方

セル参照にはセルのほかに、行や列、別シートのセルも参照できます。

名前 使用例 参照先
セル参照=A1セル「A1」
=A1:B2セル「A1」~「B2」
行参照=2:2行「2」
=2:3行「2」~「3」
列参照=A:A列「A」
=A:B列「A」~「B」
別シートの参照=Sheet2!A1シート名「Sheet2」のセル「A1」
=Sheet2!2:2シート名「Sheet2」の行「2」
=Sheet2!A:Aシート名「Sheet2」の列「A」

SUM 関数」は、引数に渡したセルの範囲の合計を求めます。関数にセルの参照を指定するには、そのままセル名を入力するだけです。

セル「A1」~「A3」の合計を求めるには=SUM(A1:A3)を入力します。

関連ページ