サイトについて      連絡先   検索
Excel: 20132010 へ移動

エクセル 2013 シート名を取得する

はじめに

エクセル 2013 のシート名を取得する方法を紹介します。

セルにシート名を表示できます。

別のシートも含めたシート名の一覧を取得できます。

セルのシート名を取得する

シート名を表示するセルのシート名を取得するには「CELL 関数」を使用します。

複雑なので次の数式をエクセルに貼り付けてください。

=RIGHT(CELL("filename",A1),LEN(CELL("filename",A1))-FIND("]",CELL("filename",A1)))

シート名「シート1」が取得されます。

1

シート名「Sheet2」が取得されます。

2

シート名の一覧を取得する

シートの番号を指定してシート名を取得する方法を紹介します。

数式タブをクリックして「名前の定義」をクリックします。

3

名前に「book」を入力し、参照範囲に=GET.WORKBOOK(1)を入力して「OK」をクリックします。

4

名前に「doc」を入力し、参照範囲に=GET.DOCUMENT(88)を入力して「OK」をクリックします。

5

次の数式を入力して 1 番目のシート名を取得できます。

=SUBSTITUTE(INDEX(book,1),"["&doc&"]","")
数式の 1 の部分を 2 や 3 に変えると、2 番目、3 番目のシート名を取得できます。
6

数式の 1 の部分を ROW() にすると、セルの行番号に対応するシート名を取得できます。この数式をコピーして簡単にシート名一覧を取得できます。

=SUBSTITUTE(INDEX(book,ROW()),"["&doc&"]","")
7

保存する

この方法では VBA を使用していませんが、マクロの機能を使用しています。

このファイルを保存すると次のメッセージが表示されます。

取得したシート名はそのまま残して、名前の定義を削除して保存するには「はい」をクリックします。

名前の定義を残して保存するには「いいえ」をクリックします。

8

「いいえ」をクリックしたときは、.xlsm というマクロを有効にした拡張子でファイルを保存します。

コンピューターをダブルクリックします。

9

ファイルの種類から「Excel マクロ有効ブック (*.xlsm)」を選択して「保存」をクリックします。

10

新しいファイルが作成されます。

11

関連ページ