サイトについて      連絡先   検索
Excel: 20132010200720032010 へ移動

エクセル 2013 エクセルの使い方

はじめに

エクセル 2013 の基本的な使い方を紹介します。

エクセルの使い方

セル参照

1

エクセルはセルに入っている値を使って計算します。どのセルの値を使うか指定することをセル参照と呼びます。

詳しくは「セルの参照の仕方」をご覧ください。

数式

2

1+2 のような計算式のことを数式と呼びます。

詳しくは「数式・計算式の入力方法」をご覧ください。

関数

3

合計を求めたり、条件によって処理を分けるのに関数を使用します。関数によって複雑な計算や処理ができるようになります。

詳しくは「関数の使い方」をご覧ください。

セルの書式設定

4

セルには数値や日付、文字列などを入力できます。それぞれの値に最適な表示をするのにセルの書式設定を使用します。

詳しくは「ユーザー定義の表示形式の使い方」をご覧ください。

5

データを集計したり、特定のデータを抽出するのに表を作成します。

詳しくは「表の作り方」をご覧ください。

グラフ

6

データを見やすくするためにグラフを簡単に作成できます。

詳しくは「グラフの作り方」をご覧ください。

関連ページ