サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072010 へ移動

エクセル 2013 条件付き書式に複数の条件を指定する

はじめに

エクセル 2013 の条件付き書式に複数の条件を指定する方法を紹介します。

100 より大きい時の書式と、100 より小さい時の書式などを設定できます。

条件付き書式に複数の条件を設定する

条件付き書式を設定する

複数の条件を設定する前に、条件付き書式を通常の方法で一つ設定します。この操作はやってもやらなくてもいいです。

条件付き書式を設定するセルを範囲選択します。

1

ホームタブをクリックし、「条件付き書式」をクリックして条件を選択します。

この中から条件にしたい項目をクリックします。ここでは「指定の値より大きい」をクリックします。

2

2009 より大きいセルに書式を設定するなら 2009 を入力して、書式を選択してから「OK」をクリックします。

3

2009 より大きいセルの文字色と背景色の書式が設定されます。

4

条件を追加する

条件付き書式を設定するセルを範囲選択します。

5

ホームタブをクリックし、「条件付き書式」をクリックして「ルールの管理」をクリックします。

6

「新しいルール」をクリックします。

7

新しい条件となるルールをクリックします。

8

「指定の値を含むセルだけを書式設定」をここでは選択します。条件を入力したら「書式」をクリックします。

9

設定したい書式を選択して「OK」をクリックします。

10

条件が追加されているので「OK」をクリックします。

11

複数の条件付き書式が設定されます。

13

条件付き書式を削除する

追加した条件を削除するにはルールの管理画面から、削除したい条件をクリックして「ルールの削除」をクリックします。

14

削除されたら「OK」をクリックします。

15

追加した条件付き書式が削除されます。

16

条件の優先順位

条件付き書式は下にある条件から順に設定されて、最後に上にある書式が設定されます。複数の条件に一致するときは、上の条件の書式が設定されます。

この順序を変更するには条件をクリックし、「▲」と「▼」をクリックして順番を変更できます。

17

複数の条件に一致しているときに、下にある条件では文字色を変更して、上にある条件では文字色を設定していないと、文字色が変更されたままになることがあります。

18

上にある条件の書式で「フォント」の色が自動になっていると、文字色を設定しないのが原因です。しかし、再度自動をクリックすると文字色が設定されます。

19

上にある条件の文字色が設定されます。

20

関連ページ