サイトについて      連絡先   検索
Excel: 20132010 へ移動

エクセル 2013 折れ線グラフの作り方

はじめに

エクセル 2013 の折れ線グラフの作り方を紹介します。

途切れた線をつなげる、途中から色を分ける、2 軸にして他のグラフに組み合わせる方法も紹介します。

折れ線グラフの作り方

グラフ化するデータを見出しも含めて範囲選択します。

1

折れ線グラフを作るには挿入タブをクリックし、「折れ線グラフの挿入」をクリックして一覧の中からスタイルを選択します。

2 3

タイトルや凡例の表示などグラフの基本的な作り方については「グラフの作り方」をご覧ください。

途切れた線をつなげる

空白のセルが入ったデータを折れ線グラフにすると

4

途中で途切れてしまいます。

5

これをつなげるにはグラフを右クリックして「データの選択」をクリックします。

6

「非表示および空白のセル」をクリックします。

7

空白のセルの表示方法の「ゼロ」または「データ要素を線で結ぶ」をチェックして「OK」をクリックします。

8

ゼロ

9

データ要素を線で結ぶ

10

途中から色分けする

次の折れ線グラフの 3 月から色を変更します。

11

3 月の折れ線部分をゆっくり 2 回クリックします。すると選択箇所が次のように一箇所になります。

12

同じところを右クリックし、「枠線」をクリックして「色」を選択します。

13

3 月部分だけ色が変更されます。

14

「枠線」から実線/点線をクリックして「点線」にすると、予測線のようになります。

17

これを 4 月にも同じ操作をするとこのようになります。

18

折れ線グラフを 2 軸にして組み合わせる

縦棒グラフに折れ線グラフを組み合わせる方法を紹介します。

先に縦棒グラフを作成します。このグラフの合計を折れ線グラフにします。

19

合計のグラフを右クリックして「系列グラフの種類の変更」をクリックします。

20

合計のグラフの種類を「折れ線」にし、「第 2 軸」をチェックして「OK」をクリックします。

21

合計が折れ線グラフになります。第 2 軸にすると折れ線グラフ用の軸の目盛が右側に表示されます。

22

関連ページ