サイトについて      連絡先   検索
Excel: 20132010 へ移動

エクセル 2013 円グラフの作り方

はじめに

エクセル 2013 の円グラフの作り方を紹介します。

色の変更、大きさの変更、内訳の表示、2 重に表示する方法も紹介します。

円グラフの作り方

グラフ化するデータを見出しも含めて範囲選択します。

1

挿入タブをクリックし、「円またはドーナツ グラフの挿入」をクリックして一覧の中からスタイルを選択します。

2 3

タイトルや凡例の表示などグラフの基本的な作り方については「グラフの作り方」をご覧ください。

次のグラフはドーナツグラフといいます。このグラフの作り方は「ドーナツグラフの作り方」をご覧ください。

19

色を変更する

次のグラフの色を変更したいとき、色を変更したい部分をゆっくり 2 回クリックします。すると次のようになります。

20

同じところを右クリックし、「塗りつぶし」をクリックして色をクリックします。

21

色が変更されます。

22

詳しくは「グラフの色を変更する」をご覧ください。

大きさを変更する

円グラフの隅のところをクリックします。

4

表示されたポイントをドラッグすると大きくも小さくもなります。

5

内訳(データの値)を表示する

内訳を表示するには、円グラフを右クリックして「データ ラベルの追加」をクリックします。

6

表示されたラベルを右クリックして「データ ラベルの書式設定」をクリックします。

7

ラベルの内容にチェックを付けた項目が表示されます。

8

系列名、分類名、値をチェックするとこのように表示されます。

9

項目間の区切りは区切り文字で変更できます。

10

区切り文字を「改行」にするとこのようになります。

11

ラベルの位置からラベルの表示位置を変更できます。

12

中央

13

外部

15

内訳(補助円)を表示する

一部のデータの値が小さいときは、補助円付き円グラフを作成するとわかりやすく表示されます。

17
18

2 重に表示する

2 重の円グラフの作り方は「ドーナツグラフの作り方」をご覧ください。

関連ページ