サイトについて      連絡先   検索
Excel: 20132010 へ移動

エクセル 2013 複合グラフの作り方

はじめに

エクセル 2013 の複合グラフの作り方を紹介します。

棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたり、凡例の順番を変更する方法も紹介します。

複合グラフの作り方

棒グラフと折れ線グラフを組み合わせる方法を例にして紹介します。他のグラフとの組み合わせ方も同じ方法でできます。

グラフ化するデータを範囲選択します。

1

挿入タブをクリックし、「複合グラフの挿入」をクリックして「ユーザー設定の複合グラフを作成する」をクリックします。

2

系列のグラフの種類を「集合縦棒」と「折れ線」を選択します。「折れ線」の第 2 軸にチェックを入れて「OK」をクリックします。

3

棒グラフと折れ線グラフを組み合わた複合グラフが作成されます。第 2 軸にすると折れ線グラフ用の軸の目盛が右側に表示されます。

4

後から複合グラフにする

棒グラフで作成したグラフに折れ線グラフを組み合わせるには、グラフを右クリックして「系列グラフの種類の変更」をクリックします。

5

合計のグラフの種類を「折れ線」にし、「第 2 軸」をチェックして「OK」をクリックします。

3

合計が折れ線グラフになります。

4

凡例の順番を入れ替える

複合グラフではグラフ毎に優先順位があるようで、棒グラフが折れ線グラフより上に表示されるようです。また第 2 軸より主軸のグラフが上に表示されます。その範囲の中で順番を入れ替えられます。

次のグラフのエクセルを一番下にしてみます。

8

グラフを右クリックして「データの選択」をクリックします。

9

エクセルをクリックし、「▼」をクリックして一番下にして「OK」をクリックします。

10

棒グラフの中で一番下、折れ線グラフより上に表示されます。

11

どうしても変更したいときは、画像編集などをします。

関連ページ