サイトについて      連絡先   検索
Excel: 2013201020072010 へ移動

エクセル 2013 カレンダーの作り方

はじめに

エクセル 2013 のカレンダーの作り方を紹介します。

Office のサイトからカレンダーのテンプレートをダウンロードできます。「カレンダー テンプレート

カレンダーを作成する次の手順を紹介します。

完成図は次のようになります。

1

日付を自動で入力する

年と月を入力すると自動で日付が月末まで表示されるようにします。

2

1 日のセルに「DATE 関数」を使用してその月の 1 日を入力します。

=DATE($B$3,$C$3,1)
3

複数の関数を使用して 2 日目を入力します。

=IF(B6="","",IF(MONTH(B6+1)=$C$3,B6+1,""))
4

2 日目のセルを 31 日目までにコピーします。

月末までの日付が自動で入力されます。30 日や 31 日がない日は表示しません。

5

日付の表示を日のみにするには、セルの書式設定でユーザー定義の種類にdを入力して「OK」をクリックします。

6

日のみの表示になります。

7

日と曜日を表示するには、セルの書式設定でユーザー定義の種類にd (aaa)を入力して「OK」をクリックします。

8

表示形式に指定できる項目は「日付の表示形式の一覧」をご覧ください。

日付の曜日を表示する

曜日は日付のセルを参照して表示します。1 日を参照するには=B6を入力します。このセルを 31 日までコピーします。

入力列は作業時間を求めるなどのために用意してあります。今は気にしないでください。
9

曜日の列のセルの書式設定でユーザー定義の種類にaaaaを入力して「OK」をクリックします。

10

曜日が表示されます。

11

表示形式を変更して曜日の表示を変えられます。

形式 表示例
aaa
aaaa日曜日
dddSun
ddddSunday

これ以外の表示にするには「日付の曜日を表示する」をご覧ください。

祝日を表示する

祝日が入力されているシートを用意します。ここではシート名を「祝日」にしてあります。

日付と祝祭日名を入力しています。祝日は今年の分だけでなく 2 年後、3 年後など用意しておくと来年の作業が楽になります。

12

祝日を表示するには「VLOOKUP 関数」を使用します。これだけだと祝祭日じゃない日がエラーになるので、「IF 関数」などを使用してエラーを回避しています。詳しくは最後に説明します。

=IF(ISERROR(VLOOKUP(B6,祝日!$B$2:$C$37,2,FALSE)),"",VLOOKUP(B6,祝日!$B$2:$C$37,2,FALSE))
13

入力したセルを 31 日までコピーして、祝祭日が表示されます。

14

VLOOKUP 関数の説明

VLOOKUP 関数には 4 つの値を指定します。

1 つ目には日付を指定します。1 日の祝祭日を表示したいので、セル「B6」のB6を指定します。

15

2 つ目には祝日の範囲を指定します。シート「祝日」に祝日のデータがあるのでその範囲
祝日!$B$2:$C$37を指定します。2 年分、3 年分指定するなら下に伸びていきます。

16

3 つ目には祝祭日の名前の列を指定します。2 つ目で指定した範囲の 2 列目にあるので2を指定します。

17

4 つ目にはFALSEを指定します。

これで「VLOOKUP 関数」が完成します。

VLOOKUP(B6,祝日!$B$2:$C$37,2,FALSE)

曜日に色を設定する

1 日のセルをクリックします。

18

ホームタブをクリックし、「条件付き書式」をクリックして「ルールの管理」をクリックします。

19

「新規ルール」をクリックします。まずは日曜日の色を設定します。

20

「数式を使用して・・・」をクリックし、数式に=WEEKDAY(B6)=1を入力して「書式」をクリックします。

「=WEEKDAY(B6)=1」の B6 は 1 日のセルです。
21

フォントタブをクリックし、色から「赤」を選択して「OK」をクリックします。

22

これで日曜日の色の設定ができました。次に土曜日の色の設定をします。

「新規ルール」をクリックします。

23

「数式を使用して・・・」をクリックし、数式に=WEEKDAY(B6)=7を入力して「書式」をクリックします。

24

フォントタブをクリックし、色から「青」を選択して「OK」をクリックします。

25

これで土曜日の色の設定ができました。次に祝日の色の設定をします。

「新規ルール」をクリックします。

26

「数式を使用して・・・」をクリックし、数式に=E6<>""を入力して「書式」をクリックします。

E6 は祝日が表示されるセルです。値があれば祝日ということになります。
27

フォントタブをクリックし、色から「オレンジ」を選択して「OK」をクリックします。色はわかりやすくオレンジにしています。

28

色の設定が終わったので「OK」をクリックします。

29

1 日にだけ色の設定がされているので他の日に設定をコピーします。

1 日のセルをクリックし、ホームタブをクリックして「書式のコピー」をクリックします。

30

2 日から 31 日までを範囲選択します。

31

これで曜日に色が設定されます。

32

これでカレンダーは完成です。

関連ページ