サイトについて      連絡先   検索

4. 寝る前の習慣を付ける

はじめに

「寝る前の習慣を付ける」を紹介します。シリーズ「よく眠るために必要な睡眠方法」の一つです。

寝る前にリラックスできる行動をすると、良い睡眠が得られやすくなります。

これを習慣付けるとこれから眠ることが脳に伝わり、より眠りやすくなります。

習慣を付ける

入浴、読書、やさしい音楽を聞く、ラジオ、軽めのストレッチ、明日の準備、歯磨きやトイレに行くなど些細なことでも習慣付けることが大切です。習慣にしていることを順番に行っていき、眠る時間にちょうど布団に入れるようにすれば良い睡眠を得られるでしょう。

パジャマに着替えることも習慣の一つです。パジャマはより良い睡眠を促してくれます。

布団に入るのは眠るときだけにします。日中にベッドの上に座るなどしないで、眠るときだけ布団に入るようにするとより眠りやすくなります。

気をつけること

入浴は2時間くらい前に入るのがちょうどいいです。熱めにしないで38~40度くらいに15分くらい入ります。すると寝るときにちょうど体が冷えてきて眠りやすくなります。

興奮するような刺激や運動は控えます。読書に夢中になりすぎないように雑誌にするなど、気軽に読めるものにします。


次へ「5. 眠りやすい環境を作る

関連ページ