サイトについて      連絡先   検索

5. 眠りやすい環境を作る

はじめに

「眠りやすい環境を作る」を紹介します。シリーズ「よく眠るために必要な睡眠方法」の一つです。

誰にも何にも眠りを妨げられない心地よい環境が、良い睡眠を得るために大切です。

部屋の明かり、騒音、室温、布団などを快適にすると、眠りやすくなります。

部屋を暗くする

光を遮断することは良い睡眠を得るために大切なことです。とくに就寝中に真っ暗にすると深い眠りに入りやすくなり、疲れもとれやすくなります。豆電球も消した方がいいです。

騒音を抑える

犬の鳴き声や車の音など、どうしようもない音にはラジオが効果的かもしれません。不快な音より心地いいラジオを聴いているほうがリラックスでき、眠りやすくなります。

耳栓などで完全に音を消すことも効果的です。

室温を快適にする

夏場は26度以下、冬は15度以上の室温を保つようにすると、快適に眠れます。この温度を超えると眠りの質が悪くなることがあります。

眠っている最中にもこの温度は維持するために、エアコンを利用します。

自分にあった布団にする

起きたとき首や腰などが痛いのは、布団が柔らかすぎるのが原因かもしれません。少し硬めのものに変えてみます。

自分に合わない布団や枕では深い眠りにつけないことがあります。疲れがとれないと感じているなら他のものに変えてみます。

快眠グッズなどいろいろ売られていますが、自分にあったものを選ぶことが大切です。そのために、いろいろなものを試してみます。


次へ「6. 寝る前の食事に注意する

関連ページ