サイトについて      連絡先   検索

短時間睡眠をする方法

はじめに

短時間睡眠をする方法を紹介します。

4時間半が短時間睡眠に最適な睡眠時間です。

短時間睡眠を毎日続けることは無理ですので、十分な睡眠時間をとる必要があります。

注意点

短時間睡眠を毎日続けることは不可能です。イライラや頭痛などの寝不足の症状が発生します。これを続けていくと不眠症になりますので、十分な睡眠時間をとる必要があります。

稀に短時間の睡眠で十分な人もいますが、それは特別な遺伝子を持った人です。絶対に自分もそうだとは思わないことです。

短時間睡眠の方法

睡眠時間をどこまで縮められるかは約4時間半が限界です。この睡眠時間であれば3回深い眠りができるので、疲れもそこそことれます。これより短い時間だと睡眠の質が悪くなり、疲れもとれません。

眠る時間は午前0時~6時の間が最適です。この時間に眠っていると睡眠の質が良くなると言われています。

短時間睡眠は連続で3日間が限界です。それ以上続けると寝不足の症状がひどくなりますので、4日目には7時間~8時間以上の十分な睡眠をとります。

短時間睡眠をすると体は寝不足になります。それを補うために昼寝をしましょう。15分~30分の昼寝で寝不足を補えます。

関連ページ