サイトについて      連絡先   検索

SoftPerfect RAM Disk で RAMDISK を作成する

はじめに

注意
RAMDISK (RAMディスク) はメモリ上に作成されるため問題が起きると、Windows が起動しなくなることがあります。バックアップなど十分な準備をしてから行ってください。

SoftPerfect RAM Disk で RAMDISK を作成する方法を紹介します。

シャットダウン時にデータを消す・残す方法と、TEMP ファイルやキャッシュを RAMDISK に移動する方法を紹介します。

RAMDISK の作成(シャットダウン時にデータを消す)

シャットダウン時にデータが消える RAMDISK の作成方法を紹介します。一時的に RAMDISK を使用したいときに向いています。

[ブートディスクの追加] ボタンをクリックします。

16

「サイズ」に作成する RAMDISK のサイズを入力します。(大きすぎるとエラーの原因になります)
「ドライブレター」に RAMDISK のドライブレターを入力します。ここでは Z にします。
「ファイルシステム」に NTFS を選択して [OK] をクリックします。

17

これだけで RAMDISK が作成されます。

18

エクスプローラーにも表示されています。

19

RAMDISK の作成(TEMP ファイルやキャッシュを移動する)

RAMDISK の初期状態を設定する方法を紹介します。Windows の TEMP ファイルやブラウザのキャッシュの作成場所に向いています。シャットダウン時にデータが消えます。

Windows の TEMP ファイルを RAMDISK に作成する手順を紹介します。

イメージの作成

RAMDISK の初期状態となるイメージを作成します。

[イメージ] をクリックして [イメージの作成] をクリックします。

22

[フォルダ] アイコンをクリックします。

23

ファイル名にわかりやすく「Image」と入力して [保存] をクリックします。
Program Files にはファイルを作成できないので、場所を変更しています。

24

「サイズ」に RAMDISK のサイズを入力します。TEMP ファイルが入れば十分なので小さめにします。
「ファイルシステム」に NTFS を選択して [OK] をクリックします。

25

RAMDISK を作成しなくてもイメージの中身を編集できるメッセージが表示されるので、[OK] をクリックします。

26

イメージの編集

イメージに TEMP 用のフォルダを作成するために、イメージを編集します。

[イメージ] をクリックして [イメージのマウント] をクリックします。

27

作成したイメージファイルをクリックして [開く] をクリックします。

28

「ドライブレター」は何でもいいので選択して [OK] をクリックします。

29

マウントされました。

30

マウントされたドライブを開いて、一時ファイル用のフォルダ「Temp」を作成します。

この状態を RAMDISK の初期状態にします。
31

[イメージ] をクリックして [イメージのアンマウント] をクリックします。

32

一覧にある項目をクリックして [OK] をクリックします。

33

RAMDISK の作成

作成したイメージを使用して RAMDISK を作成します。

[ブートディスクの追加] ボタンをクリックします。

16

[フォルダ] アイコンをクリックします。

34

作成したイメージファイルをクリックして [開く] をクリックします。

28

「ドライブレター」に RAMDISK のドライブレターを入力して [OK] をクリックします。

これで Windows 起動時にイメージの状態でRAMDISK が作成されます。
初期状態を変更したくなったら、同様の手順でイメージをマウントすればいいです。
35

Windows TEMP フォルダの移動

Windows の TEMP フォルダの場所を移動します。

[ツール] をクリックして [WindowsTEMPフォルダの設定] をクリックします。

20

「TEMP」と「TMP」に RAMDISK の Temp フォルダのパスを設定して [OK] をクリックします。

21

これで TEMP ファイルを RAMDISK に作成できます。

ブラウザのキャッシュの移動

ブラウザのキャッシュの移動方法については下記のリンク先をご覧ください。

イメージにブラウザごとにキャッシュ用のフォルダを作成すれば管理しやすくなります。

RAMDISK の作成(データを残す)

上記のイメージを使用して RAMDISK を作成するときに [イメージに内容を保存] をチェックして [OK] をクリックするだけです。

36

シャットダウン時やアンマウント時などに RAMDISK の状態をイメージに保存します。

次回の起動時などで RAMDISK を作成するときに、保存したイメージから RAMDISK を作成するので、RAMDISK の状態が保たれます。

関連ページ