サイトについて      連絡先   検索

SSD は速度低下するのか

はじめに

SSD は速度低下するのかについて紹介します。

Trim コマンドに対応していない昔の SSD は速度低下が激しいです。

「Indilinx製」、「Marvell製」コントローラーは速度低下しにくいです。

速度低下とは

SSD は、総書き込み量が容量を超えると、書き込み速度が遅くなります。これはどの SSD でも同じで、性能によってどれだけ遅くなるかが違ってきます。

速度低下を抑えるために Trim コマンドがあったり、各コントローラーの性能が試されます。ひどいものは書き込み速度が半減するものもありますが、体感で遅いと気付くことはあまりありません。

Trim コマンドで改善

Trim コマンドは速度低下を抑える手段の一つです。Windows 7 から Trim コマンドが発行されるようになったため、2010 年より前の SSD は Trim コマンドに対応していないと言えます。

Windows 7 ではファイルを削除したときなどに、自動で Trim コマンドが発行されます。

Windows 8 では確実に Trim コマンドが有効になるように、デフラグが Trim コマンドの発行機能として使われるようになりました。

コントローラーの性能向上

「Indilinx製」や「Marvell製」のコントローラーを採用している SSD では、特に速度低下が抑えられています。

SSD が速度低下するのは事実ですが、それが気になるほどではなくなっています。今後はさらにそうなっていくと思います。

関連ページ