サイトについて      連絡先   検索
Twitter: パソコンスマホアプリ

Twitter ブロックリストを共有する

はじめに

Twitter でブロックリストを共有する方法を紹介します。

他の人がブロックしているユーザーを自分のブロックリストに追加できます。

ブロックしているユーザーを共有して迷惑なユーザーと関わらないようにできます。

公式のヘルプの説明は「ブロックの高度なオプション」をご覧ください。

スマートフォンからブロックリストを共有

Twitter モバイルサイト」と Twitter アプリからブロックリストの共有はできません。パソコンサイトから行います。

パソコンサイトを表示するには「パソコンサイトを表示する」をご覧ください。

パソコンからブロックリストを共有

Twitter パソコンサイト」を開きます。

ブロックリストをエクスポートする

この操作はブロックリストを他の人に渡すための操作です。

ページ上部にあるプロフィール アイコンをクリックし [設定] をクリックします。

10

[ブロックしたアカウント] をクリックします。

1

ここにブロックしたユーザーの一覧が表示されます。[すべて] をクリックし、[高度なオプション] をクリックして [リストをエクスポート] をクリックします。

2

共有したいブロックユーザーにチェックを入れて [エクスポート] をクリックします。

3

CSV ファイルがパソコンにダウンロードされたので [完了] をクリックします。

4

ダウンロードしたファイルをメールなどを使って共有したい人に渡します。Twitter にはファイルを共有する方法はありません。

ダウンロードしたファイルの中身はユーザーID になっています。悪質なユーザーID が入力されたファイルを共有するサービスなどが出てくるかもしれません。

ブロックリストをインポートする

この操作は他の人がブロックしているユーザーを、自分のブロックリストに追加する操作です。

先にブロックリストのファイルを入手しておきます。[ブロックしたアカウント] の [高度なオプション] をクリックして [リストをインポート] をクリックします。

5

[アップロードするファイルを添付] をクリックして受け取ったファイルを選択します。[プレビュー] をクリックします。

6

ユーザーの一覧が表示されるので、ブロックしたいユーザーにチェックを入れます。[ブロック] をクリックします。

7

[完了] をクリックします。

8

チェックを入れたユーザーがすべてブロックされた状態になります。

9

このようにして自分がブロックしているユーザーを友達と共有できるようになります。

関連ページ