サイトについて      連絡先   検索
Twitter: パソコンスマホアプリへ移動

Twitter ダイレクトメッセージの既読通知機能を無効にする

はじめに

Twitter でダイレクトメッセージの既読通知機能を無効にする方法を紹介します。

ダイレクトメッセージを読むと相手にそのことがわかるようになっています。

ウェブサイトでは設定を変更できますが、既読になったかの確認はできません。将来対応予定です。

公式のヘルプの説明は「ダイレクトメッセージの既読通知をオフにするには」をご覧ください。

スマートフォンから既読機能を無効にする

Twitter アプリから既読機能を無効にするには「アプリでダイレクトメッセージの既読機能を無効にする」をご覧ください。

Twitter モバイルサイト」から変更することはできません。パソコンサイトから行います。

パソコンサイトを表示するには「パソコンサイトを表示する」をご覧ください。

パソコンから既読機能を無効にする

メッセージを読んだときに既読の通知を送信できますが、既読になったかの確認はできません。本来は既読になるとチェックマークに色が付きます。

ウェブサイト

5

スマホアプリの画面

6

将来はウェブサイトでも対応予定です。現在は設定で既読を送信する、つまり読んだことを相手に伝えるかどうかの設定ができます。

既読機能を無効にする

Twitter パソコンサイト」を開きます。

ページ上部にあるプロフィール アイコンをクリックし [設定] をクリックします。

1

[セキュリティとプライバシー] をクリックします。

2

ダイレクトメッセージの [既読通知の送信/受信] のチェックを外し [変更を保存] をクリックします。

3

[パスワード] を入力して [変更を保存] をクリックします。

4

これで相手にメッセージを読んだことが伝わらなくなります。同様に送信したメッセージを相手が読んだかわからなくなります。

5

どちらかが既読機能を無効にすると、相手が有効にしていてもお互いに既読になったかわかりません。

関連ページ