サイトについて      連絡先   検索

Twitter アプリからツイートの位置情報を削除する

はじめに

Twitter アプリ (Android, iPhone) からツイートの位置情報を削除する方法を紹介します。

位置情報は既定で無効になっているため、設定を有効にしていない方は何もする必要はありません。

スマートフォンの端末にも位置情報の設定があります。

Android から位置情報を削除する

位置情報を有効にするにはスマートフォンの設定と Twitter の 2 つの設定を有効にする必要があります。

位置情報を設定にする

Twitter for Android を開き [アカウントのアイコン] をタップするか、左端から右へスワイプします。

a9

[設定] をタップします。

a10

[位置情報とプロキシ] をタップします。

a11

[位置情報] をチェックすると Twitter の設定が有効になります。

a12

ツイートを作成する画面を表示して [位置情報] アイコンをタップして位置を選択します。

a13

スマートフォンの設定が無効の時は有効にするメッセージが表示されるので、指示に従ってここから有効にできます。

a6

設定を有効にできるとこのような画面が表示されます。以降は自動で位置情報が付加されます。[×] をタップすると位置情報を一時的に無効にできます。

a8

位置情報を無効にする

[設定] - [位置情報とプロキシ] から [位置情報] のチェックを外すと無効になります。スマートフォンの設定も必要ないなら無効にします。

a14

位置情報を削除する

アプリでは位置情報を無効にできますが、過去のツイートの位置情報を削除はできません。削除するにはウェブサイトから行います。

iPhone からツイート

位置情報を有効にするにはスマートフォンの設定と Twitter の 2 つの設定を有効にする必要があります。

位置情報を設定する

Twitter for iPhone を開き、ツイートを作成する画面を表示して [位置情報] アイコンをタップします。

i4

[OK] をタップします。

i5

位置情報の設定が無効だと有効にするように指示されます。[設定] アプリの画面が表示されます。ここから有効にできないときは先に、スマートフォンの位置情報を有効にします。

i6

スマートフォンの設定アプリの [プライバシー] をタップします。

i7

[位置情報サービス] をタップして有効にした後、設定アプリの Twitter に位置情報を許可します。

i8

設定を有効にできるとこのような画面が表示されます。以降は自動で位置情報が付加されます。[×] をタップすると位置情報を一時的に無効にできます。

i3

位置情報を有効にしてツイートすると今後は自動で位置情報が付加されるようになります。

位置情報を削除する

アプリでは位置情報を無効にできますが、過去のツイートの位置情報を削除はできません。削除するにはウェブサイトから行います。

関連ページ