サイトについて      連絡先   検索

VBA の使い方

はじめに

Excel VBA・マクロを開発する手順や開発環境の使い方をまとめて紹介します。

バージョン 2010 以降に対応しています。・2007 へ2003 へ

マクロを有効にする

マクロを有効にしないと VBA を実行できません。

ファイルタブをクリックして [オプション] をクリックします。

7

「セキュリティ センター」をクリックして [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

8

[すべてのマクロを有効にする] をクリックし [OK] をクリックします。

9

ツールバー・開発タブの表示

タブを右クリックして [リボンのユーザー設定] をクリックします。

1

[開発] をチェックして [OK] をクリックします。

2

開発タブが表示されます。

3

VBA の開発環境を起動する

開発タブをクリックして [Visual Basic] をクリックします。

12

これが VBA の開発環境です。以下 Visual Basic Editor のことを VBE と表記します。

13

ウィンドウの表示

VBE の「表示」から[プロジェクト エクスプローラ]、[プロパティ ウィンドウ]、[コード] をクリックしてそれぞれを表示します。

14 15 16 17

変数の宣言を強制する

これを行うと、変数名の入力ミスによる不具合を防げます。

VBE の「ツール」をクリックして [オプション] をクリックします。

18

[変数の宣言を強制する] をチェックし [OK] をクリックします。

19

この後にコードを表示すると、コードの先頭に「Option Explicit」が追加されます。これがあると、このコードで変数の宣言が強制されます。

20

「Option Explicit」の一行を削除すると強制されなくなり、追加すると強制されます。

コードをマウスホイールでスクロールする

VBA のコードをマウスホイールでスクロールできないときは、アドイン「VB6MouseWheel.EXE」でスクロールできます。

詳しい内容は「コードをマウスでスクロールする」をご覧ください。

コードの行番号を表示する

標準で VBA のコードの行番号は表示できませんが、有志の方が作成したアドイン「AddLineNumbers」で表示できます。

AddLineNumbers は公式のアドインではないため、環境によっては予期せぬ動作が起こることに注意してください。

詳しい内容は「コードの行番号を表示する」をご覧ください。

関連ページ