サイトについて      連絡先   検索

VBA の作成と実行

はじめに

Excel VBA・マクロの作成と実行する方法について紹介します。

バージョン 2010 以降に対応しています。・2007 へ2003 へ

ここに記載されている内容は「使い方」と「入門」のページから、実行するための手順を抜粋したものです。

マクロを有効にする

マクロを有効にすると VBA を実行できるようになります。

[ファイル] タブをクリックします。

51

[オプション] をクリックします。

52

「セキュリティ センター」をクリックして [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

53

[マクロの設定] をクリックし、[すべてのマクロを有効にする] をクリックして [OK] をクリックします。

54

ツールバー・開発タブの表示

[開発] タブから VBA を編集できます。

タブを右クリックして [リボンのユーザー設定] をクリックします。

55

メインタブにある [開発] をチェックして [OK] をクリックします。

56

開発タブが表示されます。

57

VBA の開発環境を起動する

開発タブをクリックして [Visual Basic] をクリックします。

58

これが VBA の開発環境です。以下 Visual Basic Editor のことを VBE と表記します。

62

VBA コードの作成

[開発] タブをクリックして [Visual Basic] をクリックします。

50

プロジェクト ウィンドウからワークシートや標準モジュールなど、コードを書きたいファイルをダブルクリックします。

[挿入] タブから標準モジュールなどを追加できます。

51

Sub 関数を作成し、そこに処理を入力していきます。関数については後述します。

52

Sub 関数が VBA で最初に実行される場所になります。

マクロの記録

「マクロの記録」機能を使うと Excel の操作を自動で VBA のコードに変換してくれます。

[開発] タブをクリックして [マクロの記録] をクリックします。

54

マクロ名などを必要があれば変更し [OK] をクリックします。

55

ここから Excel に対して行った操作が記録されます。セルに文字と数値を入力します。

56

マクロの記録を終了するときは、[記録終了] をクリックします。

57

標準モジュールに VBA のコードが出力されます。この方法でも Sub 関数が作成されます。

58

マクロとは、この機能で作成した処理や Sub 関数のことです。

VBA・マクロの実行

上記の方法で作成した VBA やマクロを実行する方法を紹介します。VBA の関数またはマクロを選択して実行できます。

VBE から実行する

実行したい関数をクリックします。ここでは Tips 関数をクリックします。キャレットがある関数が実行される関数です。

59

F5キーを入力して実行できます。またはツールバーから [実行] ボタンをクリックするか、[実行] をクリックして [Sub/ユーザーフォームの実行] をクリックします。

60

これで Tips 関数が実行されます。

マクロを選択して実行する

関数以外の場所をクリックした状態で実行するか

61

[関数] タブの [マクロ] をクリックします。

62

マクロを選択する画面が表示されます。

実行したい [マクロ] をダブルクリックするか、クリックして [実行] をクリックします。

ここに表示されるマクロとは VBA の Sub 関数と「マクロを記録」で作成したマクロです。
63

選択したマクロが実行されます。

ボタンから実行する

[開発] タブをクリックし、[挿入] をクリックして ActiveX コントロールの [コマンド ボタン] をクリックします。

65

ドラッグしてボタンを貼り付けます。

41

ボタンをダブルクリックします。自動で Sub 関数が作成されます。ここに処理を入力します。

66

ツールバーの [デザイン モードの終了] をクリックします。

67

ボタンをクリックすると、入力した処理が実行されます。

44

コンパイル

VBA コード全体の構文チェックを行います。一度コンパイルすると、コードを編集するまでコンパイルできません。

VBE の「デバッグ」をクリックして [VBAProject のコンパイル] をクリックします。

68

VBA を実行すると、処理が行われるコードは自動でコンパイルされます。

関連ページ