サイトについて      連絡先   検索

VBA の作成と実行

はじめに

Excel VBA・マクロの作成と実行する方法について紹介します。

バージョン 2010 以降に対応しています。・2007 へ2003 へ

ここに記載されている内容は「使い方」と「入門」から抜粋したものです。

マクロを有効にする

マクロを有効にしないと VBA を実行できません。

ファイルタブをクリックして [オプション] をクリックします。

7

「セキュリティ センター」をクリックして [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

8

[すべてのマクロを有効にする] をクリックし [OK] をクリックします。

9

マクロの記録

VBA のコードを編集しないでマクロを実行するには、「マクロの記録」を使用します。

開発タブをクリックして [マクロの記録] をクリックします。

6

マクロ名などを必要があれば変更し [OK] をクリックします。

7

マクロの記録が開始されたので Excel を操作します。ここではセルに文字列と数値を入力します。

8

マクロの記録を終了するときは、[記録終了] をクリックします。

9

VBA コードの作成

VBE のプロジェクト ウィンドウからコードを書きたいファイルをダブルクリックします。

32

Sub で作成された関数を実行できます。

Sub TestSub()
    
End Sub

Public Sub TestSub2

End Sub

VBA・マクロの実行

Excel から実行する

開発タブをクリックして [マクロ] をクリックします。

12

VBE から実行する

編集しているコードのキャレットがある位置の関数が実行されます。次の画像では TipsA 関数にキャレットがあるのでこの関数が実行されます。

33

関数以外にキャレットがあるときは、次のマクロの選択画面が表示されます。

マクロの選択

上記の方法を行うと、実行したいマクロを選択する画面が表示されます。

マクロ名から実行したいマクロをクリックして [実行] をクリックします。

15

Excel から実行したときは、選択中のシートに対して実行されます。

VBE から実行したときは、シートに書いたコードはそのシートに対して実行されます。標準モジュールに書いたコードや記録したマクロは Excel で選択中のシートに対して実行されます。

ボタンから実行する

開発タブをクリックして [挿入] をクリックし ActiveX コントロールの [コマンド ボタン] をクリックします。

40

ドラッグしてボタンを貼り付けます。

41

ボタンをダブルクリックします。ここに記載したコードが実行されます。

42

ツールバーの [デザイン モードの終了] をクリックします。

43

ボタンをクリックして実行します。

44

コンパイル

VBA コード全体の構文チェックを行います。一度コンパイルすると、コードを編集するまでコンパイルできません。

VBE の「デバッグ」をクリックして [VBAProject のコンパイル] をクリックします。

16

関連ページ