サイトについて      連絡先   検索

VBA If 文

はじめに

Excel VBA の If 文を使用して条件分岐する方法を紹介します。

If 文には条件が一致する Then と、一致しない Else に分岐できます。

条件が複数あるときは ElseIf でさらに分岐できます。

条件が一致する

条件が一致したときに If 文の中のコードが実行されます。

Dim i As Integer

If i = 0 Then
    Debug.Print ("Then") ' Then のコードが実行される
End If

条件が一致しない

条件が一致しないときに Else の中のコードが実行されます。

Dim i As Integer

If i = 1 Then
    Debug.Print ("Then")
Else
    Debug.Print ("Else") ' Else のコードが実行される
End If

複数の条件がある

条件が複数あるときは And や Or を使用して条件をまとめます。

Dim i As Integer
Dim s As String
s = "Tips"

If i = 0 And s = "Tips" Then
    Debug.Print ("Then") ' i が 0「で」s が "Tips" のときのみ Then のコードが実行されます。
End If

If i = 0 Or s = "Tips" Then
    Debug.Print ("Then") ' i が 0「または」s が "Tips" のときに Then のコードが実行されます。
End If

ElseIf で条件を複数書くこともできます。

Dim i As Integer

If i = 1 Then
    Debug.Print ("Then 1")
ElseIf i = 2 Then
    Debug.Print ("Then 2")
ElseIf i = 0 Then
    Debug.Print ("Then 3") ' 一致した条件の Then のコードが実行されます。
Else
    Debug.Print ("Else")
End If

関連ページ