サイトについて      連絡先   検索

VBA CStr 関数

はじめに

Excel VBA の CStr 関数を紹介します。

CStr 関数は、指定した値を文字列型 (String) に変換します。

明示的に数値や日付を文字列型に変換したいときに使用します。

数値や日付を指定した書式で変換したいときは「Format 関数」を使用します。

構文

CStr(値)

名前 説明
引数「値」数値や日付など文字列型に変換したい値を指定します。
戻り値文字列型 (String)

解説

String 型の変数に数値や日付を代入しても同じ結果になるため、CStr 関数を使う必要性はありません。

日付を渡されたときは短い形式の文字列にして返します。

Boolean 型を渡されたときは "True" か "False" を返します。

Null を渡されたときはエラーが発生します。

使用例


Dim s As String

s = CStr(12.3)
Debug.Print (s) ' 12.3

s = CStr(#1/2/2013#)
Debug.Print (s) ' 2013/01/02

s = CStr(#1:02:03 AM#)
Debug.Print (s) ' 1:02:03

s = CStr(True)
Debug.Print (s) ' True

s = CStr(Null)  ' エラー

String 型の変数に代入しても同じです。


Dim s As String

s = 12.3
Debug.Print (s) ' 12.3

s = #1/2/2013#
Debug.Print (s) ' 2013/01/02

s = #1:02:03 AM#
Debug.Print (s) ' 1:02:03

s = True
Debug.Print (s) ' True

s = Null        ' エラー

関連ページ