サイトについて      連絡先   検索

VBA Input 関数

はじめに

Excel VBA の Input 関数を紹介します。

Input 関数は、ファイルから指定した文字数の文字列を返します。

ファイルから一文字ずつ読み込みたいときに使用します。

構文

Input(文字数, ファイル番号)

名前 説明
引数「文字数」読み込む文字数を指定します。
引数「ファイル番号」Open ステートメントで開いたファイルの番号を指定します。
戻り値文字列型 (String)

解説

Open ステートメントで開いたファイルから指定した文字数の文字列を返します。ファイルはシーケンシャルモードかバイナリモードで開いている必要があります。

シーケンシャルモードを最後まで読み込むには EOF 関数を使用します。

バイナリモードを最後まで読み込むには LOF 関数と Loc 関数を使用します。

Input 関数は改行コード vbCr, vbLf も文字として読み込みます。

読み込む文字数がファイルの文字数を超えていたときはエラーが発生します。

使用例

Dim s As String

' シーケンシャルモードでファイルを読み込む
Open "C:\Tips.txt" For Input As #1
Do While Not EOF(1)
    s = Input(1, #1)
    Debug.Print(s)
Loop
Close #1

' バイナリモードでファイルを読み込む
Dim l As Long
Open "C:\Tips.txt" For Binary As #1
Do While l < LOF(1)
    s = Input(1, #1)
    l = Loc(1)
    Debug.Print(s)
Loop
Close #1

関連ページ