サイトについて      連絡先   検索

VBA IsNumeric 関数

はじめに

Excel VBA の IsNumeric 関数を紹介します。

IsNumeric 関数は、指定した値を数値型 (Integer など) に変換できるかを判定します。

文字列を「CInt 関数」などで変換できるか判定したいときに使用します。

構文

IsNumeric(値)

名前 説明
引数「値」数値型に変換できるか判定したい値を指定します。
戻り値ブール型 (Boolean)

解説

Integer 型でも Double 型でも数値型に変換できれば True を返します。できないときは False を返します。

変換できるものは「CInt 関数」などで数値型 (Integer など) に変換できます。

使用例

Dim b As Boolean
b = IsNumeric("123")
Debug.Print(b) ' True

b = IsNumeric("123.567")
Debug.Print(b) ' True

b = IsNumeric("2013/01/02")
Debug.Print(b) ' False

b = IsNumeric("123Tips")
Debug.Print(b) ' False

Dim s As String
s = "Tips"
If IsNumeric(s) = True Then ' 変換できるときだけ実行する
    i = CInt(s)
End If

関連ページ