サイトについて      連絡先   検索

VBA IsObject 関数

はじめに

Excel VBA の IsObject 関数を紹介します。

IsObject 関数は、指定した値がオブジェクトかどうかを判定します。

Variant 型の変数にオブジェクトが設定されているかどうかの判定に使用します。

構文

IsObject(値)

名前 説明
引数「値」オブジェクトが設定されているか判定したい値を指定します。
戻り値ブール型 (Boolean)

解説

クラスで作成されている Worksheet や Range などはすべてオブジェクトです。クラスを指定すると True を返します。

Nothing を指定すると True を返します。

Integer や String などの値型 (クラス以外の型) を指定すると False を返します。

それ以外の値や型を指定すると False を返します。

使用例


Dim b As Boolean
Dim v As Variant

b = IsObject(v)
Debug.Print (b) ' False

Set v = Worksheets(1)
b = IsObject(v)
Debug.Print (b) ' True

Set v = Nothing
b = IsObject(v)
Debug.Print (b) ' True

v = 100
b = IsObject(v)
Debug.Print (b) ' False

v = "Tips"
b = IsObject(v)
Debug.Print (b) ' False

v = Empty
b = IsObject(v)
Debug.Print (b) ' False

Debug.Print (IsObject(Range("A1"))) ' True
Debug.Print (IsObject(100))         ' False
Debug.Print (IsObject("found"))     ' False

関連ページ