サイトについて      連絡先   検索

VBA MsgBox 関数

はじめに

Excel VBA の MsgBox 関数を紹介します。

MsgBox 関数は、メッセージボックスを表示しその結果を返します。

処理の実行を確認したいときなどに使用します。

構文

MsgBox(メッセージ)

MsgBox(メッセージ, ボタン, タイトル)

名前 説明
引数「メッセージ」表示するメッセージを指定します。
引数「ボタン」省略できます。「ボタンの種類」、「アイコン」、「モーダル表示」などを組み合わせて指定します。
引数「タイトル」省略できます。ダイアログのタイトルを指定します。
戻り値数値型 (Integer)

引数「ボタン」、ボタンの種類

名前 ボタン
vbOKOnly0[OK]
vbOKCancel1[OK]、[キャンセル]
vbAbortRetryIgnore2[中止]、[再試行]、[無視]
vbYesNoCancel3[はい]、[いいえ]、[キャンセル]
vbYesNo4[はい]、[いいえ]
vbRetryCancel5[再試行]、[キャンセル]

引数「ボタン」、アイコン

名前 アイコン
vbCritical16警告メッセージ
vbQuestion32質問メッセージ
vbExclamation48注意メッセージ
vbInformation64情報メッセージ

引数「ボタン」、モーダル表示

名前 表示
vbApplicationModal0メッセージのボタンをクリックするまで、Excel の操作ができなくなります。
vbSystemModal4096メッセージのボタンをクリックするまで、全てのアプリケーションの操作ができなくなります。

戻り値

名前 ボタン
vbOK1[OK]
vbCancel2[キャンセル]
vbAbort3[中止]
vbRetry4[再試行]
vbIgnore5[無視]
vbYes6[はい]
vbNo7[いいえ]

解説

改行コードを含む文字列をメッセージに指定すると改行できます。

ボタンの指定には vbOKOnly + vbCritical のように各値の合計値を指定します。

ボタンを省略すると、[OK] ボタン、アイコンなし、vbApplicationModal で表示されます。

タイトルを省略すると、タイトルにアプリケーション名 (Microsoft Excel など) が表示されます。

使用例

Dim i As Integer
i = MsgBox("Tipsfound へようこそ" & vbCrLf & "このページは役に立ちましたか?")
Debug.Print(i) ' 1
1
Dim i As Integer
i = MsgBox("メッセージ", vbYesNo + vbInformation + vbSystemModal, "タイトル")
Debug.Print(i) ' 6
2

関連ページ