サイトについて      連絡先   検索

VBA Rgb 関数

はじめに

Excel VBA の Rgb 関数を紹介します。

Rgb 関数は、RGB で示す色の値を返します。

セルの文字色や背景色を変更するときに使用します。

構文

Rgb(R, G, B)

名前 説明
引数「R」赤の割合を指定します。
引数「G」緑の割合を指定します。
引数「B」青の割合を指定します。
戻り値数値型 (Long)

解説

R, G, B はそれぞれ 0 ~ 255 の値を指定します。

0 に近いほどその色が薄くなり、255 に近いほどその色が濃くなります。全て 0 で黒色、全て 255 で白色になります。

VBA にはあらかじめ色を定義した値があります。

名前
vbBlack
vbRed
vbGreen
vbYellow
vbBlue
vbMagentaマゼンタ
vbCyanシアン
vbWhite

使用例

' セルの文字色を赤にします。
Range("A1").Font.Color = RGB(255, 0, 0)

' セルの背景色を緑にします。
Range("A1").Interior.Color = RGB(0, 255, 0)

' システムカラーで色を指定します。
Range("A1").Interior.Color = vbCyan

関連ページ