サイトについて      連絡先   検索

VBA StrConv 関数

はじめに

Excel VBA の StrConv 関数を紹介します。

StrConv 関数は、文字列を大文字や全角、ひらがななどに変換して返します。

文字列を大文字、小文字、全角、半角、ひらがな、カタカナなどに変換したいときなどに使用します。

構文

StrConv(文字列, 変換)

名前 説明
引数「文字列」変換する文字列を指定します。
引数「変換」何に変換するかを組み合わせて指定します。
戻り値文字列型 (String)

引数「変換」の値

名前 変換
vbUpperCase1大文字に変換します。
vbLowerCase2小文字に変換します。
vbProperCase3各単語の先頭の文字を大文字に変換します。
vbWide4半角文字を全角文字に変換します。
vbNarrow8全角文字を半角文字に変換します。
vbKatakana16ひらがなをカタカナに変換します。
vbHiragana32カタカナをひらがなに変換します。
vbUnicode64システムの既定のコード ページを使って文字列を Unicode に変換します。
vbFromUnicode128文字列を Unicode からシステムの既定のコード ページに変換します。

解説

変換される文字列がないときは、文字列をそのまま返します。

変換には大文字と全角に変換など組み合わせられます。

使用例

Dim s As String
s = StrConv("abc", vbUpperCase)
Debug.Print(s) ' ABC

s = StrConv("ABC", vbLowerCase)
Debug.Print(s) ' abc

s = StrConv("abc def ghi", vbProperCase)
Debug.Print(s) ' Abc Def Ghi

s = StrConv("ABC", vbWide)
Debug.Print(s) ' ABC

s = StrConv("abc", vbUpperCase + vbWide)
Debug.Print(s) ' ABC

関連ページ