サイトについて      連絡先   検索

VBA Timer 関数

はじめに

Excel VBA の Timer 関数を紹介します。

Timer 関数は、0 時からの経過時間を秒数で返します。

処理の経過時間を計測したいときに便利です。

構文

Timer

名前 説明
戻り値数値型 (Single)

解説

0:00:00 からの経過時間を秒数で返します。

戻り値は Single 型ですが Double 型に代入するとより精度の高い秒数を取得できます。

処理後の時間から処理前の時間を引くことで経過時間を求められます。

使用例


Dim f As Single
f = Timer
Debug.Print (f) ' 46839.14

Dim d As Double
d = Timer
Debug.Print (d) ' 46839.140625

経過時間を求める方法。

1 ミリ秒もかからないような処理は 0 秒になり計測できません。そのときは、処理を 1000 回くらいループすれば計測しやすくなります。


Dim startTime As Double
Dim stopTime As Double
        
startTime = Timer

Dim i As Integer
For i = 1 To 1000    
    ' 時間のかかる処理
Next

stopTime = Timer
    
Debug.Print (stopTime - startTime) ' 1000 回分の経過時間
' 1000 で割ると 1 回の時間になる

関連ページ