サイトについて      連絡先   検索

VBA セルの罫線について

はじめに

Excel VBA のセルの罫線を紹介します。

Border オブジェクトや Borders コレクションから罫線を操作できます。

Border について

セルの上側や下側といった一辺の罫線を操作するには Border オブジェクトを使用します。

Border から次の値を取得または設定できます。

プロパティ名 説明
Color罫線の色
ColorIndex罫線の色番号
LineStyle罫線の種類
Weight罫線の太さ

Border は Borders から取得します。

Borders について

Borders にはセルの全ての辺の罫線の値が入っています。

上側の罫線を取得するには Borders(xlEdgeTop) のように指定します。

Dim b As Border
Set b = Range("A1").Borders(xlEdgeTop) ' セル「A1」の上側の罫線を取得
Debug.Print(b.LineStyle)

罫線の指定には次の値を使用します。

プロパティ名 説明
xlEdgeTop上側の罫線
xlEdgeBottom下側の罫線
xlEdgeLeft左端の罫線
xlEdgeRight右端の罫線
xlInsideHorizontal全ての水平罫線
(2 行以上のセルの範囲を指定している必要があります)
xlInsideVertical全ての垂直罫線
(2 列以上のセルの範囲を指定している必要があります)
xlDiagonalDown各セルの右下がりの罫線
xlDiagonalUp各セルの右上がりの罫線

次のセルの範囲で、罫線は次の場所を示しています。

1
2
3
4

Borders も Border と同じプロパティを持っています。

Borders に対して値を取得または設定をするときは、セルの上下左右の辺の罫線に対して行われます。

値を取得するとき、各セルの上下左右の辺の罫線の値が同じであれば、その値を取得します。一つでも違う値の罫線があれば Null を取得します。

値を設定するときは、各セルの上下左右の辺の罫線に対して同じ値が設定されます。

5

関連ページ