サイトについて      連絡先   検索

VBA セルの罫線をクリアする

はじめに

Excel VBA のセルの罫線をクリアする方法を紹介します。

Range.ClearFormats メソッドか Cells.ClearFormats メソッドでセルの罫線をクリアできます。

LineStyle プロパティから罫線の種類をなしにできます。

罫線について

罫線を操作する基本について、先に「セルの罫線について」をご覧ください。

Border や Borders、xlEdgeTop とは何かについて紹介しています。

セルの罫線をクリアする

ClearFormats 関数で罫線をクリアすると、一緒に色などの書式もクリアされます。
罫線に「なし」の種類を設定して、罫線だけをクリアできます。Borders.LineStyle に xlLineStyleNone を設定します。

Range の引数にセル名を指定すると、そのセルの罫線をクリアできます。

セル「B2」の罫線をクリアするには Range("B2").ClearFormats のように指定します。

Range("B2").ClearFormats ' 罫線と書式をクリア

Range("D2").Borders.LineStyle = xlLineStyleNone ' 上下左右の罫線をクリア

Range("F2").Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlLineStyleNone ' 上側の罫線をクリア
1

Cells の引数にセルの行と列の番号を指定すると、そのセルの罫線をクリアできます。

行「2」、列「A」の罫線をクリアするには Cells(2, 1).ClearFormats のように指定します。

Cells(1, 1).ClearFormats ' A1
Cells(2, 1).ClearFormats ' A2
Cells(1, 2).ClearFormats ' B1
Cells(2, 2).ClearFormats ' B2

セルの範囲の罫線をクリアする

セルの範囲「B2」~「C3」の罫線をクリアするには Range("B2:C3").ClearFormats または Range("B2", "C3").ClearFormats のように指定します。

Range("B2:C3").ClearFormats
Range("B2", "C3").ClearFormats
 
Range("E2:F3").Borders.LineStyle = xlLineStyleNone
 
Range("H2:I3").Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlLineStyleNone
2

指定したシートのセルの罫線をクリアする

Range.ClearFormats とコードに書くと、アクティブなシートのセルの罫線をクリアします。これは ActiveSheet.Range.ClearFormats の ActiveSheet が省略されています。

' どちらも同じコード
Range("A1").ClearFormats
ActiveSheet.Range("A1").ClearFormats

シートを指定するには Sheets の引数にシート名またはインデックスを指定します。

1

Sheet1 のシートを指定するには、Sheets("Sheet1") か Sheets(1) と書きます。

' Sheet1 のセル「A1」の罫線をクリア
Sheets("Sheet1").Range("A1").ClearFormats
Sheets(1).Range("A1").ClearFormats

' Sheet2 のセル「A1」の罫線をクリア
Sheets("Sheet2").Range("A1").ClearFormats
Sheets(2).Range("A1").ClearFormats

関連ページ