サイトについて      連絡先   検索

VBA セルを選択する

はじめに

Excel VBA のセルを選択する方法を紹介します。

Range.Select メソッドか Cells.Select メソッドからセルを選択できます。

Active メソッドでセルをアクティブにできます。

セルを選択する

Range の引数にセル名を指定すると、そのセルを選択できます。

セル「A1」を選択するには Range("A1").Select のように指定します。

Range("A1").Select
3

Cells の引数にセルの行と列の番号を指定すると、そのセルを選択できます。

行「2」、列「A」を選択するには Cells(2, 1).Select のように指定します。

Cells(1, 1).Select ' A1
Cells(2, 1).Select ' A2
Cells(1, 2).Select ' B1
Cells(2, 2).Select ' B2

セルをアクティブにするには Activate メソッドを使用します。

Range("A1").Activate
3

Select と Activate の違いは Select はセルの範囲を選択できるのに対して、 Activate は一つのセルのみアクティブにできます。

選択されているセルを取得する

Selection を使用すると、選択されているセルを取得できます。

Dim c As Range
Set c = Selection

セルの選択を解除する

セルの選択を解除する方法はありません。Excel でもそのような操作は存在しません。

セルの範囲を選択する

セルの範囲「A1」~「B2」を選択するには Range("A1:B2").Select または Range("A1", "B2").Select のように指定します。

Range("A1:B2").Select
Range("A1", "B2").Select

セル「B2」~「C4」を Select で選択後、セル「B2」を Activate でアクティブ。

1

その後セル「B3」を Activate でアクティブ。

2

指定したシートのセルを選択する

セルを選択できるのは、アクティブなシートのみです。

その他のシートに対して行うとエラーが発生します。

Range.Select とコードに書くと、アクティブなシートのセルを選択します。これは ActiveSheet.Range.Select の ActiveSheet が省略されています。

' どちらも同じコード
Range("A1").Select
ActiveSheet.Range("A1").Select

関連ページ