サイトについて      連絡先   検索

VBA シートをアクティブにする

はじめに

Excel VBA のシートをアクティブにする方法を紹介します。

Sheets.Activate メソッドでシートをアクティブにできます。

Sheets.Select メソッドで複数のシートを選択できます。

シートをアクティブする

インデックスでアクティブ

Sheets の引数にインデックスを指定すると、そのシートをアクティブにできます。

1 番目のシートをアクティブにするには Sheets(1).Activate または Worksheets(1).Activate のように指定します。

Sheets(1).Activate     ' 1 番目のシートをアクティブ
Worksheets(1).Activate ' 1 番目のシートをアクティブ
1

Sheets と Worksheets の違いはワークシート以外を取得するかどうかです。

シート名でアクティブ

Sheets の引数に名前を指定すると、そのシートをアクティブにできます。

「Sheet1」のシートをアクティブにするには Sheets("Sheet1").Activate または Worksheets("Sheet1").Activate のように指定します。

Sheets("Sheet1").Activate     ' 「Sheet1」のシートをアクティブ
Worksheets("Sheet1").Activate ' 「Sheet1」のシートをアクティブ
1

指定したシートが存在しないときはエラーが発生します。

複数のシートを選択

Sheets の引数にインデックスか名前の配列を指定すると、複数のシートを選択できます。

1 番目と 2 番目のシートを選択するには Sheets(Array(1, 2)).Select のように指定します。

Sheets(Array(1, 2)).Select               ' 1 番目と 2 番目のシートを選択
Sheets(Array("Sheet1", "Sheet2")).Select ' 「Sheet1」と「Sheet2」のシートを選択

Worksheets(Array(1, 2)).Select               ' 1 番目と 2 番目のシートを選択
Worksheets(Array("Sheet1", "Sheet2")).Select ' 「Sheet1」と「Sheet2」のシートを選択
2

関連ページ