サイトについて      連絡先   検索

VBA エラー 53 ファイルが見つかりません。

はじめに

Excel VBA のエラー 53 「ファイルが見つかりません。」の対処法を紹介します。

指定したパスにファイルが存在していないときに発生します。

DLL を参照するときもレジストリが登録されていないと発生します。

ドライブやフォルダがないときは「エラー 76 パスが見つかりません。」が発生します。

解決する

ファイルが存在するか確認する

Open や Kill ステートメントなどでファイルにアクセスするとき、そのパスにファイルが存在しないと発生します。

確実に存在するかエクスプローラーにそのパスを貼り付けてみると、スペルミスしてたりするのがわかります。

Open "C:\Tips.txt" For Input As #1 ' パスにファイルが存在しないとエラーが発生

DLL をレジストリ登録する

DLL のレジストリ登録が壊れることがあります。その DLL を参照すると発生します。

確実にレジストリ解除してから再登録すると解決します。

Declare Function Tips Lib "found" () As Long ' 登録したはずのレジストリが壊れるとエラーが発生

アプリケーションをインストールしたり、他の DLL のレジストリを編集すると、登録したはずのレジストリが壊れることがあります。

関連ページ