サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 バックアップと復元の機能の違い

はじめに

Windows10 のバックアップと復元の機能の違いを紹介します。

復元ポイントやシステムイメージの作成、ファイルごとにコピーしてバックアップするなど様々な方法があります。それぞれに良いところと悪いところがあるので違いを詳しく紹介します。

注意点

すべての方法について言えることですが、ハードディスクが故障している状態でバックアップすると、ファイルが壊れた状態で復元されます。最新のバックアップだけでなく、故障する前の過去のバックアップも残す必要があります。

ハードディスクに不良セクタが発生するのが主な故障の要因です。故障しているか調べるには「チェックディスク」を使用するか、ハードディスクの状態を示す「S.M.A.R.T.(スマート)」の値で確認できます。

故障したときは交換するところもあるので、メーカーのホームページなどで確認しておくと安心です。

バックアップ機能一覧

Windows 10 には主に次のバックアップ機能があります。

ハードディスクを丸ごとコピーするバックアップは、システムイメージの作成です。各機能の特徴などを順番に紹介します。

手動コピー

1

Windows 10 の機能というよりは、普通にファイルをコピーしてバックアップする最も簡単な方法です。外付け HDD をバックアップ用にして、バックアップしたいファイルをコピーするだけです。

インターネットや USB などから入手したファイルを、手動でコピーする手間がかかりますが、自由に管理できます。新しいパソコンに簡単にファイルを戻せるのが特徴です。

良い点、できること

悪い点、できないこと

システムファイルとは Windows の動作に必要なファイルのことです。このファイルが壊れていると Windows が起動しなくなります。

システムの復元

2

Windows の動作に必要なシステムファイルと、インストールしたプログラムをバックアップできます。バックアップした時点のことを「復元ポイント」と呼び、その時点に復元できます。

動作が不安定になったときは正常な時点へ復元し、悪意のあるプログラムをインストールしたときは、インストール前に復元することで削除できます。

復元ポイントは Windows Update の前に自動で作成され、手動でも作成できます。プログラムによってはインストーラーが作成することがあります。いずれにしても、問題が起こる前に復元ポイントを作成しておく必要があるため、定期的な作成をおすすめします。

通常のファイルはバックアップされず、システムの復元をしても影響はありません。

良い点、できること

悪い点、できないこと

使い方について詳しくは次をご覧ください。

システムイメージの作成

3

C ドライブのハードディスクを丸ごとコピーしたシステムイメージをバックアップできます。Windows が動作しなくなったりハードディスクを買い替えたときに、元の状態に復元できます。

Windows のインストールディスクやシステム修復ディスクを使って復元できます。動作している Windows からも復元できます。

D ドライブなど Windows をインストールしていないハードディスクは、バックアップできません。

良い点、できること

悪い点、できないこと

使い方について詳しくは次をご覧ください。

初期状態に戻す

4

パソコンを購入したときの状態にリセットできます。Windows のインストールディスクは必要ありません。使用しているユーザーやファイルを残すか残さないかを選択して、再インストールできます。

Windows 7 や 8 から 10 にアップグレードしたときは 7 や 8 に戻ることがあります。メーカーによって動作が異なることがあるので、ホームページやマニュアルなど事前に確認しておく必要があります。

システムの復元やシステムイメージから復元しても動作が不安定なときは、この方法で最初からやり直せます。これでも問題が解決しないときは、パソコンが壊れている可能性があります。

良い点、できること

悪い点、できないこと

使い方について詳しくは次をご覧ください。

関連ページ