サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 システムの復元ポイントを作成する

はじめに

Windows10 でシステムの復元ポイントを作成する方法を紹介します。

Windows の動作に必要なシステムファイルやレジストリとインストールされたプログラムの状態を保存できます。

通常のファイルはバックアップされません。

システムを復元するには「システムを復元する」をご覧ください。

復元ポイントとは

Windows の動作に必要なシステムファイルやレジストリと、インストールしたプログラムをバックアップできます。バックアップした時点のことを「復元ポイント」と呼び、その時点に復元できます。

動作が不安定になったときは正常な時点へ復元し、悪意のあるプログラムをインストールしたときは、インストール前に復元することで削除できます。

復元ポイントは Windows Update の前に自動で作成され、手動でも作成できます。プログラムによってはインストーラーが作成することがあります。いずれにしても、問題が起こる前に復元ポイントを作成しておく必要があるため、定期的な作成をおすすめします。

通常のファイルはバックアップされず、システムの復元をしても影響はありません。

他のバックアップとの違いについては「バックアップと復元の機能の違い」をご覧ください。

復元ポイントを手動で作成する

[スタートボタン] を右クリック (タブレットでは長押し) して [システム] をクリックします。

1

[システムの保護] をクリックします。

管理者権限が必要です。
2

システムの保護を有効

復元ポイントを作成するにはシステムの保護が有効になってる必要があります。

復元ポイントを作成する C ドライブをクリックします。「無効」となっているときは [構成] をクリックします。

3

[システムの保護を有効にする] をチェックし、最大使用量は大きくても 10GB くらいで十分です。[OK] をクリックします。

最大使用量が大きすぎると C ドライブの空き容量がその分少なくなります。一度作成すると「現在の使用量」がその分増えるので、だいたい何回分作成できるかの目安になります。
4

これで復元ポイントを作成できる状態になります。

復元ポイントを作成

復元ポイントを作成する C ドライブをクリックし [作成] をクリックします。

5

説明を入力し [作成] をクリックします。説明には復元するときに、どの時点の復元ポイントなのかわかるように入力しておくと便利です。

6

数分くらい待つと復元ポイントが作成されます。

7

今まで作成された復元ポイントは、システムを復元するときに一覧で見れます。また古い復元ポイントは最大使用量に到達した時点で自動的に削除されます。

関連ページ