サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 Microsoft アカウントとローカルアカウントの違い

はじめに

Windows10 で Microsoft アカウントとローカルアカウントの違いを紹介します。

Microsoft アカウントとは、Outlook や OneDrive など Microsoft のサービスに必要なアカウントで、Windows にログインできます。

ローカルアカウントとは、従来の Windows のアカウントと同じです。

Microsoft アカウントとローカルアカウントの違い

二つのアカウントの違いは、大きく分けて次のものがあります。

Microsoft ローカル
ユーザー名アカウントの名前自由に設定
Windows 設定の同期できるできない
コルタナ (Cortana)できるMicrosoft アカウントが必要
Microsoft サービスとの連携できるMicrosoft アカウントが必要
ストアアプリのインストールできる無料:できる
有料:Microsoft アカウントが必要
情報流出可能性あり可能性は低い

Microsoft アカウントは Windows のすべての機能が使えます。

ローカルアカウントには使えない機能があります。Microsoft アカウントを作成すれば、それを必要とする機能やアプリごとに Microsoft アカウントでサインインして使用できるようになります。

それぞれの違いについて詳しく紹介します。

ユーザー名

ローカルアカウントでは好きな名前を付けられます。しかし Microsoft アカウントでは、アカウントの名前がそのままユーザー名になります。

1

このユーザー名は Windows のユーザーフォルダの名前になっています。

2

アカウント名を漢字で登録していると、ユーザーフォルダも漢字になります。海外製など一部のソフトウェアは日本語を扱えないため、それが問題で正常に動作しないことがあります。また、本名で登録している方は知らないうちに本名が写ってしまうことがありえます。

Windows 設定の同期

ローカルアカウントでは同期できません。Microsoft アカウントで同期をオンにすると、壁紙などデザインの設定、エクスプローラーやマウス、キーボードなど Windows の基本的な設定が同期できます。

3

同期の便利なところは新しいパソコンを購入したときに、今まで使っていた環境がすぐに整います。複数台のパソコンの設定をすべて同じ設定にできます。

Microsoft サービスとの連携

Outlook や OneDrive、Office 365 など Microsfot サービスを使用するには Microsoft アカウントが必要です。Windows に Microsoft アカウントでログインしていると、サービスを初回使用時にログインする手間が省けます。

4

ローカルアカウントでもアプリやブラウザから Microsoft アカウントでログインできるので、使用に問題はありません。

ストアアプリのインストール

Microsoft アカウントはすべてのアプリをインストールできます。

ローカルアカウントは無料のものはインストールでき、有料のものはストアアプリに Microsoft アカウントでサインインすればインストールできます。

5

情報流出

Microsoft アカウントは Microsoft のサーバーにもデータが保存されるため、サイバー攻撃などで情報が流出する危険が高まります。ローカルアカウントでもウィルスによって情報流出することがあるため、セキュリティ対策は十分に行う必要があります。

どちらのアカウントを作成すべきか

Microsoft アカウントを使用するのに何も抵抗がない方は、それを使用するのが一番です。

ローカルアカウントでログインしたいという方には Microsot アカウントとの関連付けをおすすめします。同期以外のすべての機能が使えるようになります。

Windows 7 からアップグレードした方は、ローカルアカウントになっていますが Microsoft アカウントへ切り替えできます。

関連ページ